魚津市の北部に位置し、天神山(標高163m)と呼ばれる独立丘陵上にある山城です。天正10(1582)年の「魚津城の戦い」では、上杉方の守る魚津城が織田方の軍勢に取り囲まれていた折、救援にかけつけた上杉景勝が陣を敷いた城として知られています。
 山頂には、大きな二つの曲輪(廓)があり、本丸と二の丸に相当します。本丸の南側には、眼下を流れる片貝川に沿って長大な土塁が設けられています。さらに山頂から山腹にかけて、大小様々な平坦面や竪堀が今も残っています。