天神山遺跡は、明治時代には「石器時代の遺跡」として知られ、富山県の考古学史上においても重要な位置を占めることから、本県を代表する縄文時代の遺跡といえます。
 この遺跡から出土した独特の渦巻文様で装飾された縄文土器と同じ特徴をもつものが県内外の遺跡からも確認され、富山県における縄文時代中期中葉の標識遺跡となりました。このため同じ特徴をもつ縄文土器は、遺跡名をとって「天神山式」と呼んでおります。 過去の発掘調査では竪穴住居跡が検出され、集落の様相の一端を垣間見ることができます。