魚津歴史民俗博物館

魚津の三太郎博士

テレビ発明の先覚者である川原田政太郎博士
稲の研究者である盛永俊太郎博士
アンテナ・超短波の研究者である宇田新太郎博士

魚津にゆかりのある3人の博士の名前に「太郎」がつくことから「魚津の三太郎博士」と呼ばれています。

川原田政太郎(かわらだまさたろう)工学博士

・早稲田大学名誉教授 ・魚津市名誉市民第1号 ・テレビ発明の先覚者

下野方村本江生まれ。(1890 - 1983)
下野方尋常小学校(現魚津市立本江小学校)、魚津尋常高等小学校(現魚津市立大町小学校)を卒業後、働きながら苦学し、 魚津中学校(現県立魚津高等学校)に学び、上京して早稲田大学予科に入学。 その後、早稲田大学助教授としてイギリスやフランスに留学、テレビジョンの研究に取り組みます。
1930年(昭和5年)、世界で初めてテレビの公開実験に成功しました。 博士は発明の人とも知られ、特許取得の数は60にも及んでいます。
博士の業績を讃え、魚津市の名誉市民第1号になっています。

※ 資料館では、電気親子時計や磁歪時計などの発明品を展示しています。

盛永俊太郎(もりながとしたろう)理学博士

・九州大学名誉教授 ・稲の研究者

上野方村大海寺新生まれ。(1895 - 1980)
魚津尋常高等小学校(現魚津市立大町小学校)、魚津中学校(現県立魚津高等学校)、 東京帝国大学大学院に進み、稲の研究に専心。細胞遺伝学を用いて、病害虫に強い品種を作るための基礎研究を行い、 稲の発祥地を探る手掛かりや多数の新種を発見しました。 民俗学者として名高い柳田国男らとともに稲作史研究会を組織し、「稲の日本史」など多くの著作を残しています。


宇田新太郎(うだしんたろう)工学博士

・東北大学名誉教授 ・アンテナ、超短波の研究者

下新川郡舟見村(現入善町)生まれ。(1896 - 1976)
魚津町に転居後、魚津尋常小学校(現魚津市立村木小学校)、魚津尋常高等小学校(現魚津市立大町小学校)、 魚津中学校(現県立魚津高等学校)を経て一旦教職に就きますが、その後東北大学に進学。 苦学しながらVHF帯電波の研究を行い、今日のテレビアンテナの実用化に結びつく発見をしました。