魚津歴史民俗博物館

展示案内

常設展示

原始・古代の魚津
・縄文時代の道具(早月上野遺跡・天神山遺跡出土の石器)
・本江B遺跡の復元竪穴住居
・縄文時代の交流
(大光寺遺跡出土の火焔土器やヒスイ、黒曜石など)
・縄文時代の祭祀道具・装身具(石棒・土偶・耳飾、玉製品など)
・弥生時代の土器(墓に供献された壷や甕形土器)
・古墳時代の土器(印田遺跡・友道遺跡出土の須恵器や土師器)
・奈良・平安時代の土器(佐伯遺跡出土の須恵器・土師器)
立山曼荼羅
・魚津市持光寺所蔵の曼荼羅の写真パネルと絵解
松倉城と金山の繁栄
・松倉城とその支城群の模型
・城下町出土土器
・木造十一面観世音菩薩立像(県指定文化財・彫刻)
・松倉金山関連資料(絵図、石臼、梯子など)
魚津城と江戸時代の魚津
・魚津城の戦い(映像解説)
・加賀藩の支配(高札・人身売買禁止とキリシタン禁制)
・魚津の町並み(絵図に基づく魚津城周辺の町並み復元)
・町人の文化(矢立、行李)
明治〜昭和
・米騒動や魚津大火のパネル


縄文土器復元コーナー

2階ホールには、縄文土器復元にチャレンジできるコーナーがあります。磁石の力で縄文土器を立体的に復元することができます。制限時間は磁石が作動している3分間です。






吉田記念室・展望室

4階には、吉田記念室と展望室があります。
吉田記念室では、YKK創設の時から魚津工場の時代を経て現在の世界企業になるまでの発展の様子を一見してわかるように実物資料・パネルで展示しています。
展望室からは、魚津市街、富山湾、能登半島が一望に見渡せます。平成22年度より、松倉城やその他の城郭群の場所が一目でわかる地形立体模型を設置しました。